望遠・ズーム・交換カメラレンズ売れ筋ランキング2017〜2018〜の傾向メーカー別人気レンズ

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)


著者担当 ランキング調査隊

解説者が初心者だからわかりやすい!初心者目線のカメラレンズの解説やランキング

最新のカメラレンズの人気ランキング

を見れば今売れている人気の
カメラレンズがすぐに見つかります!

カメラレンズ人気ランキング2018〜2019〜初心者でもわかるカメラレンズ



 

カメラのレンズについてのまとめ情報です。担当は「KAZU」です!!カメラはKAZUも初心者ですが、初心者がわかりやすいようにカメラレンズの使い方やランキング情報をまとめて書いています!!

 

デジタルカメラレンズの人気ランキング で人気のある交換レンズや人気メーカーを見つけることができますよ!

その前に。。

このページではKAZUが使っているデジタル
カメラの

「望遠レンズと標準レンズ」

で撮った画像の違いなどを参考に、
写り方の違いや特徴等をご紹介
しています。

他にも望遠レンズの選び方使い方
目的など、

売れ筋ランキングでカメラレンズを選ぶ
際の参考情報としてお伝えしています。

KAZUは初心者ですので、同じ初心者の
方の目線で、

あまり難しい専門用語は使わずに、

カメラレンズ初心者入門としての参考
にしていただければ幸いです。

出来る限り解かりやすくお伝えしています
ので、

ぜひ最後まで読んでみてください!

参考になるかと思います!

尚カメラ本体は主に「一眼レフデジカメ」
レンズのお話しです。

(ランキングの入り口は解説の後にあります)


ランキングの入り口は↓
今すぐランキング情報を見たい方はこちら!
※ランキングはメーカー別で売れ筋をでご覧いただけます。

カメラレンズの種類

まずは、カメラレンズの種類について
初心者のKAZUが初心者目線で
お話しします。

デジタル一眼レフのカメラレンズの種類
は細かく見ると次のようなものがあるようです。

・標準ズームレンズ

標準ズームレンズ

・望遠ズームレンズ

望遠ズームレンズ

・単焦点レンズ

単焦点レンズ

・マクロレンズ

マクロレンズ

・広角ズームレンズ

広角ズームレンズ


・高倍率ズームレンズ(望遠ズームレンズと同じ)

高倍率ズームレンズ


すごく細かい仕様の違いがありますね。。

KAZUはこれらすべてのレンズの説明を
することができません。

ですが、解かりやすいように

標準レンズと望遠レンズ

の2つに絞って、

これらのレンズで実際に撮影をするとどの
ような違いが出るのか?

について実際に撮影してみた画像を
使いながら、この後解説していますので

最後まで読んで見てください。^^

topに戻る

デジタル一眼レフカメラはほとんどレンズ別で売っている

基本的に一眼レフのカメラ本体はレンズが
付いていない状態で販売されています。

例えばニコンのデジタル一眼レフ「D810A」
を公式サイトで見ると。。

ニコンのデジタル一眼レフ「D810A」 レンズ付き画像 418,500円(税込) 価格はレンズ別

このようにレンズをつけたイメージ画像が
載っていますが、オンラインショップでは、

ニコンのデジタル一眼レフ「D810A」 レンズナシ

このように、レンズは付いていない画像と、
「レンズは別売りです」という文章が入って
います。

ですので、デジタル一眼レフカメラの「レンズ」
というのは、元々レンズを交換できる、

購入者が使いたいレンズをカスタマイズ
することが常識的に考えてあります。

レンズだけのメーカーも結構ありますし、
気に入ったカメラレンズを買えば、

いろいろな本体で使うこともできます。

そのくらい「一眼レフのカメラレンズ」という
物は、一本立ちした奥深い製品なのです。

topに戻る

KAZUが所有している標準ズームレンズと望遠ズームレンズ

KAZUが持っているカメラレンズが
こちら。

タムロンの望遠レンズとタクマ―の標準レンズ


タムロンの望遠レンズとタクマ―の標準レンズ横から見た画像

向かって左が「TAKMURON(タムロン)」
というメーカーの望遠ズームレンズ、

右が「TAKUMAR(タクマー)」
と言うペンタックスのブランド内の標準
ズームレンズです。

タムロン公式ページ

タクマーは「ペンタックス」というカメラメーカー
(今はリコーのブランドになりました)から
発売されていた、ブランドのレンズです。

現在は、タクマーと言う名前でのレンズは
発売されていないようで、

リコーの公式ページでは、ペンタックスの名称で
レンズが発売されています。

リコー(ペンタックス)公式サイト

両方のレンズともかなり古いものなので、
現在では新品は販売されていません。

先ほどの2つの画像をご覧いただいて
わかるように、

望遠レンズは標準レンズよりかなり長い形

になっています。

望遠で写真を撮る、つまり遠くのもの
大きく映して撮影するカメラレンズは、

焦点距離を長くするので必然的に
カメラレンズの形も長くなります。

標準ズームレンズの焦点距離を
目一杯伸ばすとこのようになります。

標準ズームレンズが短い時


標準ズームレンズが長い時

望遠ズームレンズに至っては、長さが
これくらい変わってしまいます。

望遠ズームレンズの短い時


望遠ズームレンズの長い時

それぞれのレンズの焦点距離の表示を見てみましょう。

標準ズームレンズの表示が30mmから70 mm

標準ズームレンズの表示は「35 mmから70 mm」です。

つまりこの長さの間隔で焦点距離を変えられるわけです。

では望遠ズームレンズの表示はどうなっているでしょうか?

望遠ズームレンズの焦点距離の表示は70 mmから300 mm

「70 mmから300 mm」となっています。

焦点距離を変えられる長さの範囲がすごく広いです。

焦点距離の解説はこちら

一般的に標準レンズと望遠レンズを
どういった要素で線引きしているかというと、

画角を持って線引きしています。

画角が広いレンズを「広角レンズ」
(標準レンズ)

狭いレンズを「望遠レンズ」と言う形で
分けています。

焦点距離と画角の関係についての解説はこちら


・焦点距離と画角の関係についての参考サイト ニコン公式ページ

topに戻る

望遠レンズってどんなレンズ?使う目的は?

標準レンズというのは、名称からして
「普通のレンズなんだな」ということが想像
できますね。^^

では望遠レンズと言うのはどんなレンズなのでしょう?

ぶっちゃけ簡単に言うと、

遠くのものが大きく綺麗に写せる

というものです。

もうこの言葉に尽きます。^^

KAZUはお仕事で小さいもの撮影して
ウェブサイトにアップする仕事をやっていて、

小さいものをより鮮明に写しだす

そういった目的でも望遠レンズをうまく
使うことができます。

では次に、実際の画像で標準レンズと
望遠レンズで撮影した画像の違いを
比較したものをご紹介します。

topに戻る

望遠レンズを使うとどんな画像が撮れるの?

実際に標準レンズと望遠レンズとで
同じ場所から撮った被写体が、

どのように写るのか?

その違いがはっきりとわかります。


クリックで拡大↓

標準レンズで撮影したエアコンと名刺

上の画像は標準レンズで約2メートル先
エアコンを撮ったものです。黄色の円がある
ところに「名刺」が貼ってあります。

これを望遠レンズを使ってピントを合わせて
撮影するとこうなります。

クリックで拡大↓
望遠レンズで撮影した名刺

標準レンズでは小さく写っていた名刺が
小さな文字までもがくっきりと、はっきりと
写っています。

(名前のところと住所のところはモザイクをいれています)

パソコンでご覧の方は、一度この画像を
保存して、マウスで拡大してみてください。

ある程度の拡大では、ボケることなく、
さらに拡大します。

名刺の文字や、セロテープで貼りつけている
ところまではっきりと見えます。

この望遠レンズで撮った名刺の画像は
サイトに掲載するため、かなり縮小
させています。

実際(サイズ2400×1400ピクセル)
にはもっと大きく、鮮明に映っています。


次にもう一度、エアコンと名刺の画像の
元のサイズ画像(2400×1400ピクセル)から、
縮小ぜずに部分的に抜き出してみます。

クリックで拡大↓
柱に溜まった小さなホコリの拡大画像

上の画像は、名刺の下の方に移っている
部屋の角材の上に溜まった「ほこり」です。

肉眼でもはっきりとわかりにくい小さなほこり
がこのようにくっきりと大きく写っています。


もう一つ、標準レンズと望遠レンズの比較例を
ご紹介しましょう。

クリックで拡大↓
標準レンズで撮影したカレンダー

上の画像は、約2メートル先のカレンダーを
標準レンズで写したものです。

この画像も一度パソコン上で保存して
拡大してみてください。

黄色い丸の部分は、拡大しても
何が書いてあるのか?ボケていてわかりません
よね?

この画像も縮小してサイトに掲載していますが、
縮小前の元画像(2400×1400ピクセル)を
拡大しても、やはり文字の内容はわかりません。

それを同じ位置から望遠レンズで撮影すると、

クリックで拡大↓
望遠レンズで撮影したカレンダー

先ほどの黄色い丸の部分の文字が、
はっきりと映し出されています。

このように、望遠レンズを使うと、標準レンズでは
はっきりと写らなかった小さなものが、

大きくクローズアップできて、しかも鮮明に
写すことができます。

遠くのものを大きく鮮明に写す

これが望遠メンズの最大の役割であり、
使用する目的でもあります。


次にKAZUが

さらに遠くにある小さいもの

を標準レンズと望遠レンズを使って
同じ位置から写した画像を見比べて
みてください。

topに戻る

1センチ足らずのキャラクターが4メートル先でもはっきり写る

今度は、

4メートル先に被写体

を設置して撮影してみました。

まずはこちら。


●新聞紙・健康食品・カメラのバッグ


・標準レンズ

カメラレンズ人気ランキング2018〜2019〜初心者でもわかるカメラレンズ

※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。

↓クリックで拡大↓
標準レンズ 撮影 健康食品のパックの文字

※2400×1600ピクセルの画像を縮小ぜず
健康食品だけを500×333ピクセルの大きさで
切り抜いてアップしています。

最初の画像の構図で標準レンズで
撮影したものと、

それを切り抜いて健康食品
だけを縮小せずにアップしています。

最初の画像は被写体全体を撮った
ものとしては、十分使えるものです。

あとの画像の方をクリックして拡大して
みてください。

拡大してみると健康食品のパックの
小さな文字はぼやけて読めない
状態となっています。

そもそも標準レンズで「4メートル先の
3ミリ程度の小さな文字を撮影する」
ためが目的ではないので、

標準レンズでは全体の構図がしっ
かりとわかる被写体として撮影する
使い方がベストです。


ではこれを望遠レンズで健康食品の
パッケージだけ撮影して見ましょう。

テスト 望遠レンズ撮影被写体は健康食品のパック

※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。

パソコンでご覧の方は、この画像を
ディスクトップに保存してマウスで拡大
してみてください。

縮小してしまうと、文字は拡大しても
読めないのですが、

縮小ぜずに2400×1600ピクセルの画像
のまま、500×333ピクセルの大きさで文字
のところを切り抜いて見てみると、


望遠レンズ撮影小さな文字はっきりと写っているる

文字がちゃんと読めるくらいに、
綺麗に写っています。

※KAZUの撮影した場所が、やや暗く
露出調整がしっかりできていなかったため、
若干、粗くなってしまいましたが、
本来ならもっと綺麗に鮮明に写ります。


●ペットボトル飲料水


・望遠レンズ

望遠レンズ撮影でペットボトルを被写体にする

※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。


望遠レンズ撮影でペットボトルの文字がはっきりと映る

縮小ぜずに2400×1600ピクセルの画像のまま、
500×600ピクセルの大きさで文字のところを
切り抜き。

こちらも、露出設定が悪いせいで、
鮮明とまではいきませんが、

文字はしっかりと読めるものとなっています。


KAZUが実際に

小さなものを望遠レンズで大きく写している

というアイテムは、たとえばこちらです。



小さな携帯ストラップ
※スマホ撮影

こちらは携帯ストラップです。

指で持っている大きさですので、かなり
小さいものだということがお分かりかと
思います。

スティックのりと携帯ストラップを並べて大きさを比較
※スマホ撮影

市販されている「スティック糊」と「携帯
ストラップ」を並べて大きさを比較できる
ように撮影しました。

ではこの2つを使って、望遠レンズで
撮影してみるとどのように写るか?

ご覧ください。

(標準レンズでは綺麗に写すことが
できませんので省いています)

これまでと同じように、

約4メートル先に被写体を置いていま
すが、携帯ストラップとスティックのりの
位置を若干前後にずらしています。

望遠レンズで撮影する被写体を5センチずらす
※スマホ撮影

長さにしておよそ5センチくらいです。

●1つ目の画像(ストラップにピントを合させる)

望遠レンズの撮影で携帯ストラップにピントをあわした画像

※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。

望遠レンズで撮影した携帯ストラップが鮮明に写っている

縮小ぜずに2400×1600ピクセルの画像のまま、
500×600ピクセルの大きさでストラップのところを
切り抜き。

4メートル先にある1センチほどの小さな
携帯ストラップが、鮮明にはっきりと
写し出されています。

では、ピントを合わせなかった
(スティックのり)についてはどのように
写っているでしょうか?

カメラレンズ人気ランキング2018〜2019〜初心者でもわかるカメラレンズ

縮小ぜずに2400×1600ピクセルの画像のまま、
500×600ピクセルの大きさでスティックのりを
切り抜き。

こちらは画像がピンボケしています。


●2つ目の画像(スティックのりにピントを合わせる)

望遠レンズで4メートル先の小さな被写体を撮った画像

※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。

望遠レンズでピント合わしたスティック糊の画像

縮小ぜずに2400×1600ピクセルの画像のまま、
500×600ピクセルの大きさでスティックのりを
切り抜き。

望遠レンズでピントを合わせなかった被写体の画像

縮小ぜずに2400×1600ピクセルの画像のまま、
500×600ピクセルの大きさでストラップのところを
切り抜き。


今度は逆にスティック糊の方にピントを
合わしてみると、前に置いてあるスト
ラップの方が、ピンボケしています。

約4メートルもの距離の撮影で、たった
の約5センチの奥行きの違いで、

これほどまでにレンズのピントが変わって
しまうのが、望遠レンズです。

携帯ストラップとスティックのりの撮影画像
では、後ろに写っている新聞紙は完全に
ピンボケしています。

このように被写体の前後の画像がピンボケに
なる画像は、遠近感が非常によく伝わってくる
もので、

主役の被写体をよりアピールするための技法
として最適な方法となります。


約10メートルの距離の被写体

を撮って見ました。


・標準レンズ

標準レンズで10メートル先の電柱の上にある変圧器を撮影


※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。

電柱の上にある「変圧器」を撮影しました。

標準レンズではこの大きさが精一杯です。

画像が白いですよね?

これは「白とび」といって、露出の設定で
「光が多すぎる」時に現れる現象です。

露出調整はデジタル一眼レフカメラなら
調節できる機能がしっかりと備わっています。

では次に望遠レンズで撮影してみましょう。

・望遠レンズ

望遠レンズで電柱の上にある変圧器をアップで撮影


※2400×1600ピクセルの画像全体を500×333ピクセルに縮小。

先ほどの標準レンズの撮影より、 「グッと」
寄せて撮ることができます。

この2つの画像で、変圧器の中心の部分を
拡大して比較したものがこちらです。

・標準レンズ

カメラレンズ人気ランキング2018〜2019〜初心者でもわかるカメラレンズ

・望遠レンズ

カメラレンズ人気ランキング2018〜2019〜初心者でもわかるカメラレンズ

上の2つの画像はほぼ同じ画像サイズ、

  • 標準レンズ画像 172×164
  • 望遠レンズ画像 172×175

ですが、

標準レンズで切り抜きをした同じ範囲を
望遠レンズで撮影した画像で切り抜きすると、

アップで撮れているので、そのまま保存
すると、画像のサイズが標準レンズの
サイズより大きくなるので、

比べるのに解かりやすいように、標準レンズ
の画像サイズと同じサイズに縮小したもの
です。

スマホで見てもわかりにくいかもしれませ
んが、パソコンで見ている方は、画像の
鮮明さが、

望遠レンズで撮影した方が綺麗である
ことが良くわかるかと思います。

望遠レンズでは標準レンズより被写体に
寄せることができ、遠くの1部分を鮮明に
写すことができます。

もし10メートル先にある被写体がもっと
大きなもので、全体を撮影するために、
焦点を引かなければならない時、
(焦点距離を短くして、画角を広くする)

逆に望遠レンズではめいいっぱい
引いても被写体が入りきらない時は、
標準レンズでとる必要があります。

以上、ここまで初心者のKAZUが実際に
使っている標準レンズと望遠レンズで
撮影した画像を使って、

わかりやすい比較の解説をしてみました。

あまり難しい言葉や、専門用語の解説
などはできていきませんが、

標準レンズと望遠レンズが果たす役割、
違い、選び方や使う目的などがある程度
わかっていただけたかと思います。

カメラレンズを売れ筋ランキングで選ばれる
際に少しでも参考になれば幸いです。


topに戻る

よく売れている人気のカメラレンズランキングで価格やメーカーを調べよう!

こちらから最新の
カメラレンズ人気ランキングを見ることができます。

※カメラレンズメーカ別でランキングが確認できます!



ランキング表示できるレンズのメーカーは、

オリンパス
キャノン
シグマ
ソニー
タムロン
ニコン
富士フィルム
ペンタックス
その他

となっています。


●編集後記
カメラ女子必見!

女子に人気のカメラやアクセサリを
紹介しているページがあります。



こちらもぜひ参考にしてみてください。

topに戻る


レンズを動かさなくても「ピント」が変えられるデジタルカメラ

通常「カメラのピント合わせ」はレンズの
についているメモリを回して行いますが、

パナソニックから新しく発売された

ルミックスのデジカメは、なんと!

撮影前にピントを合わせなくても、
撮影した後から好きな被写体の
場所に、

望遠レンズで撮影したような遠近感の
画像に変えられるカメラです!

これがすごい人気になってよく売れています!

ぜひ詳細な情報を御覧ください。


パナソニック「4K・フォーカスセレクトシリーズ・LUMIX(ルミックス)詳細はこちら!


topに戻る
後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラレンズ人気ランキング2018〜2019〜初心者でもわかるカメラレンズ関連情報

富士フイルムのコンデジXQ2。子供の撮影にもおすすめです!
私が使っているデジタルカメラ「富士フイルムのXQ2」の体験談・口コミをご紹介します。コンパクトデジカメ購入の決め手やメリット、デメリットなど。
デジタルカメラ・コンデジランキング2018〜2019〜通販の人気やおすすめ機種
人気のデジタルカメラのランキングで売れているデジカメ、コンパクトデジカメのおすすめや価格比較、最安値情報や体験談の話題についてご紹介しています。
デジタルカメラのおすすめ最新情報〜2017年
最新・人気のデジタルカメラをピックアップして取材したおすすめ情報です。ニコン・ペンタックス・ソニー・カシオ・キャノン・リコー・オリンパスなど。
デジタルカメラのアクセサリーSDカードやカメラバッグ最新情報
デジタルカメラの周辺機器や記憶カード、カメラバッグ・三脚・レンズなどの種類を取材してみました。SDカードの解説など。おすすめ情報あり。
焦点距離と画角について 初心者目線で解説
カメラの用語「焦点距離」 「画角」いて初心者でもわかりやすいように解説しています。